[2022/06/19日] 「梅雨・夏山の気象」を学ぶオンライン講習会が開催されます

「山の天気予報」のヤマテンの気象予報士によるオンライン講習会を開催します。

テーマ

梅雨・夏山の気象

日程

2022年6月19日(日) 

初級編「これだけは知っておきたい!夏山の天気入門と梅雨の気象リスク」 10:00~11:30

講師:渡部 均氏

梅雨から夏にかけては、積乱雲(=落雷や強雨をもたらす雲)の発達に注意が必要な季節。
初級編ではこの時期の天気の特徴、注意すべき気圧配置や、「登山前」「登山中」に確認すべき点などを学びます。
地上天気図の見方など基礎知識は一からじっくり解説しますので、これまでの講習に参加していないけれど、夏山に備えてしっかり勉強しておきたい…という方にもおすすめです。

中級編「高層天気図から予想する梅雨と夏山の気象リスク」 13:00~15:00

講師:渡部 均氏

梅雨や夏の時期の気象リスクは、地上天気図だけでは把握することが難しい場合も。
しかしながら、高層天気図も併せて確認することで、より的確なリスクマネジメントへ繋げることができます。
中級編では、初級編で学んだ内容をさらに深めつつ、500hPaの気温予想図、850hPa相当温位予想図などを用いて、どのような点に注目すべきかをじっくりと学んでいきます。
また、地形図なども併用し、実際の登山を想定した演習問題も用意しますので、より実践的な学習内容となります。

参考書籍

初級編、中級編ともに「山岳気象大全」の第7章「梅雨期、夏山」、「山の天気にだまされるな!」の第6章「増水による遭難を防ぐシミュレーション」~7章「落雷遭難を防ぐシミュレーション」(いずれも猪熊隆之著・山と渓谷社)を参考書としております。受講前・受講後にご一読いただくことで、より理解が深まります。ご興味のある方は是非お手にとっていただければと思います。

定員

各回とも70名

開催方法

オンラインZoomウェビナー

質疑応答も可能です(参加者の方からは文字入力で質問を受付け、講師が講義の最後に口頭で回答する形となります)。

後日、講習を録画した動画をお申し込みの方向けに2週間無料配信します。ご都合が付かずリアルタイム参加できなかった場合、当日回線トラブルがあった場合や、復習にご利用ください。

参加費につきましては、一般の方は2,500円ですが、ヤマテン会員の方は2,000円となります(初級編、中級編両方をお申込みの方は一般の方4,500円、ヤマテン会員の方は3,500円と、別々にお申し込み頂くより500円割引になります)。
なお、開催日の2日前となる6/17(金)以降、キャンセル料がかかりますのでご注意ください。


※定員を越えた場合、申込用のページにアクセスできなくなります。お早めにお申し込みください。
お申込時のメールアドレスにつきましては、ヤマテンにご登録いただいているメールアドレス(ログイン時のメールアドレス)をご記入ください。

お申し込み

お支払い方法は下記をご参考ください。
クレジットカード、PayPalでのお支払い方法について

下記のページよりお申し込みください。

初級編

中級編

初級編・中級編セット

講義を受ける際の操作方法につきましては、下記をご覧ください。

今後の予定

この機会にぜひ受講いただき、皆様の安全登山につなげていただきますと幸いです。

開催日テーマタイトル
2/27(日)第一回「山の天気の基礎」初級:山の天気の基本
中級:観天望気講座
詳細はこちら
4/3(日)第二回アクティブラーニング①過去の落雷事故から学ぶリスクマネジメント
詳細はこちら
4/17(日)第三回 「春山の気象」初級:高気圧・低気圧と前線
中級:春山と低気圧の発達
詳細はこちら
5/18(水)第四回 アクティブラーニング②白馬岳による遭難事例からの検証
詳細はこちら
6/19(日)第五回 「梅雨・夏山の気象」初級:これだけは知っておきたい!夏山の天気入門と梅雨の気象リスク
中級:衛星画像や高層天気図から予想する梅雨と夏山の気象リスク
詳細はこちら
9/11(日)第六回 「秋山の気象」初級:秋山の天気と低体温症を防ぐための知識
中級:高層天気図から予想する秋山と台風の気象リスク
詳細はこちら
10/23(日)第七回 「ヤマテンの利用方法」初級:天気予報の利用方法
中級:専門・高層天気図の見方
詳細はこちら
12/4(日)第八回 「冬山の気象」初級:雪山初心者のための冬山の天気
中級:天気図で読む!冬山気象遭難を防ぐ方法

検索

最新の投稿

カテゴリ

タグ