• 山の天気予報」の気象予報士による山岳気象講座をオンラインで。
    世界中のどこからでも受講できます。

    2017年4月17日(月)19:30~21:30:第2回講座「GW、春山の気象遭難を防ぐために」を開催します

    オンライン山岳気象講座

  • 山の天気で失敗したこと、

    ありませんか?

    「麓の天気が曇りだったから山に行ってみたけど、雨に降られた…」

    山の天気と平地の天気は違います。その仕組みを学びませんか?

    「稜線で冷たい風にさらされて震えた…」

    気象の知識だけでなく、地図読みなど他の山の知識と組み合わせることで、気象遭難を防ぎましょう。

    「山岳気象を独学で勉強してみたけど、難しくて挫折した…」

    やまスク山岳気象講座なら、講師に質問できる時間もあります。わからなかったところは質問しましょう!

  • 受講料およびお支払い方法

    受講料(1回ごとに)

    2,500円(税込)
    *「山の天気予報」会員の方は500円引きの2,000円(税込)

    お支払い方法

    受講3日前までに、銀行振り込み、または、PayPalにてお支払いください。

    *口座情報などの詳細は、お申込み頂いた後にメールにてご連絡いたします。
    *銀行振り込みの場合、振込手数料をご負担ください。
    *受講3日前までにお支払いのない場合、キャンセルとさせていただくことがございますのでご了承ください。

  • やまスク山岳気象講座の特徴

    講師は山の天気予報」の

    気象予報士

    山の天気のプロフェッショナル

    やまスクの山岳気象講座の講師は、国内唯一の山岳気象予報の専門会社「ヤマテン」の気象予報士。
    全国18山域、59山の山頂の天気予報を発信する山の天気予報」などを通じて、山とその気象に日々向き合っています。

    講義はオンラインで

    ネットに繋がるなら、

    世界中のどこからでも受講できます。

    Googleのビデオチャットサービス「Googleハングアウト」を利用して、ご自宅のパソコンからでも、会社帰りのカフェでスマホからでも、講義を受講できます。

  • 2017年4月17日(月)19:30~21:30
    第2回講座「GW、春山の気象遭難を防ぐために」

    講座概要

     

    ゴールデンウィークが近づいています。


    初めての雪山登山や、厳冬期には挑戦できなかった山への計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

     

    春山は、厳冬期と比較して気象条件は穏やかになります。

    ただし、ひとたび天気が崩れると、真冬の厳しい天気に逆戻りしてしまい、
    低体温症や強風による転滑落のリスクが高まります。

     

    このようなリスクを事前に予測し回避するために、

    春山で気を付けるべき気圧配置や天気予報を利用する際の注意点、
    現場での天気の判断のポイントを学んでいきましょう。

     

    この講座を受講することで

    • 春山登山で気を付けるべき気圧配置が分かる
    • 現場での天気の判断のポイントが分かる

    開催日時

    2017年4月17日(月)19:30~21:30

    1. 講義:90分
    2. 質疑応答

    定員

    20名(先着順)

    講師紹介

    河野卓朗
    国内唯一の山岳気象予報専門会社ヤマテンに所属する気象予報士。
    幼少期は房総の山に親しみ、学生時代は信州大学山岳会で四季を通じて登山を楽しむ。「現場で役立つ」講座にしていきたい。

  • お申込み

    下記よりお申込みください。フォームが開きます。
    *定員に達し次第、受付を終了いたします。
    キャンセル待ちの登録は、本ページ一番下のフォームにて
    「キャンセル待ち希望」とお送りください。

  • 今後の講座の開催予定

    山岳気象講座は、今後もシーズン毎に開催予定です

    落雷と短時間強雨のリスクを減らすために

    開催時期:6月中旬

    秋山の天気と気象リスク

    開催時期:9月中旬

    冬山の天気と気象リスク

    開催時期:11月下旬~12月上旬

  • *開催済みの講座
    2017年3月27日(月)19:30~21:30:山岳気象基礎講座
    「山岳気象の3要素と遭難を防ぐための天気図の見方」

    この講座を受講することで

    • 雲ができる仕組みがわかるようになる
    • 山の天気と平地の天気の違いがわかるようになる
    • 気象遭難を防ぐための地上天気図の読み方(の基礎)がわかるようになる

    *今後開催される山岳気象講座は、この講座の内容を受講した程度の知識を前提とします。

    開催日時

    2017年3月27日(月)19:30~21:30 *終了しました

    1. 簡単な自己紹介
    2. 講義:90分
    3. 質疑応答

    定員

    20名(先着順)

    講師紹介

    渡部 均( わたなべ ひとし)
    国内唯一の山岳気象予報専門会社ヤマテンに所属する山岳気象予報士。
    秩父の山間の町に生まれ、山と親しみながら育つ。講座を通じて山の天気の面白さを伝え、また安全登山の啓発につなげていきたい。

  • よくあるご質問

    Q. 講義はどういったサービスを利用するのですか?

    A. Googleハングアウトのビデオハングアウトを利用します。 利用料は無料です。

    Q. 講義に参加するために必要な機材などはありますか?


    A. スマートフォン、ノートパソコンの場合は、インターネットにつながっていれば、特別な機材の購入は不要です。

     

    デスクトップパソコンをご利用の場合:Webカメラ・マイク・スピーカーが必要となります。

     

    その他、手順についてはお申し込み後詳細を記載した資料をお渡しいたします。

    Q. 講義をうまく受講できるか心配です。

    A. お申し込みいただいた後、やまスク事務局から設定方法の詳細のご連絡をいたします。その後、実際にハングアウトで会話ができるかの確認をいたします。メール・電話などでサポートいたします。

    受講料のお支払いはその後ですので、ぜひコースにお申し込みください。

  • ご意見・お問い合わせ・キャンセル待ち登録

    やまスク山岳気象講座に関するお問い合わせ、ご要望をお寄せください。
    また、定員となった場合、キャンセル待ちのご登録をお願いいたします。

  • 講座主催者、および、特定商取引法に基づく表示

    講座主催
    やまスク事務局

    特定商取引法に基づく表示
    こちらをご確認ください

All Posts
×