サイトへ戻る

[2021/07/03土] 夏山の気象を学ぶオンライン講習会のお知らせ

· 山岳気象,講座,ヤマテン

夏山の気象を学ぶオンライン講習会が開催されます。

講師は「山の天気予報」の株式会社ヤマテンの気象予報士。山岳気象のプロです。

山岳気象の専門家による講習を学んで、安全な登山に向けて準備を始めましょう!

講習会概要

今回の講習会はリアルタイムでの開催となります。オンラインでの講習となりますので、全国の皆様にご参加いただくことができます。

講座概要

ヤマテン主催「山の天気講座」

日程 2021年07月03日(土)

初級編「これだけは知っておきたい!夏山の天気入門」10:00~11:30

講師 渡部均 氏

梅雨が明ければ、いよいよ本格的な夏山シーズン到来。しかしながら、積乱雲(=落雷や短時間強雨をもたらす雲)の発達に注意が必要な季節。

初級編ではこの時期の天気の特徴、「登山前」「登山中」に注意すべき内容などを学びます。また、台風の進路予想図の見方についても併せて学習します。

【主な学習内容】

・積乱雲が発達しやすい時の特徴

・登山前に確認するポイント(落雷や短時間の強雨・局地的な豪雨が起こりやすい気圧配置など)

・登山中の注意点(周辺の雲の様子を観察する方法、実際に雷雨に遭遇してしまった場合の対処法など)

・台風の進路予想図の見方

中級編「高層天気図から予想する夏山の気象リスク」 13:00~15:00

講師 渡部均 氏

夏山のリスクは、地上天気図だけでは把握するのが難しいことも。

しかしながら、高層天気図も併せて確認することで、より的確なリスクマネジメントへ繋げることができます。

中級編では、初級編で学んだ内容をさらに深めつつ、500hPaの気温予想図や渦度予想図、850hPa相当温位予想図などを用いて、どのような点に注目すべきかをじっくりと学んでいきます。

また、天気を予想するだけでなく、登山ルートによるリスクの違いなどを想定しておくことで、より安全な登山へ繋げることができます。このため、地形図を使ったリスクマネジメントについても学びます。

実際の登山を想定した演習問題も用意しますので、より実践的な学習内容となります。

【主な学習内容】

・高層天気図を使い夏山のリスクを予想する

・地形図を使った気象遭難リスクマネジメント

・演習問題

 

定員

各回とも70名

参加費

初級編、中級編はそれぞれ一般の方は2,500円ですが、ヤマテン会員の方は2,000円となります(税込み。以下同様)。

初級編と中級編を両方お申込みの方は一般の方4,500円、ヤマテン会員の方は3,500円と、500円割引になります。

注意事項

講習日の前々日である7月1日(木)以降、キャンセル料がかかりますのでご注意ください。

講習会にはZoomを利用します。

Zoomでの参加方法には以下をご参照ください。参加もかんたんです。

お申し込みページ

お申し込みやキャンセル料などの詳細は下記URLをご覧ください。※定員を越えた場合、詳細ページにアクセスできなくなります。お早めにお申し込みください。また、お申込時のメールアドレスにつきましては、「山の天気予報」にご登録いただいているメールアドレスをご記入ください。

この講習会が、皆様の安全で楽しい登山にお役に立ちましたら光栄です。

ご参加お待ちしています。 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK