Return to site

雪崩講習会を開催しました

雪山登山をするなら雪崩に備えよう

· 雪崩,雪山登山,羽場崎ガイド

雪山登山の大きなリスクといえば雪崩です。毎シーズン、雪崩の事故は起こっています。
そんな雪崩について学ぶ講習会をアルプスネイチャークラブの羽場崎ガイドに開催していただきました。

募集した時のページはこちら

まずはヘブンスそのはらの休憩所で座学:雪の観察の標準的なやり方を学びます

雪崩を予見するための雪質チェック

雪崩に埋もれた人をビーコンで探す訓練

雪崩ビーコン

雪崩に巻き込まれて埋もれた人を探すことは容易ではありません。
雪崩ビーコンを使って埋もれた人(今回はビーコンを埋めました)を探し、プローブ(ゾンデ棒とも呼ばれています)で探し当て、スコップで掘り出す訓練をしました。
最近の雪崩ビーコンは優秀で、画面の表示通りに探せば良いです。
ですが、その電波の特性、クロスサーチのやり方、携帯の仕方など、「知っていないと分からない」ことも教えてもらいました。
 

雪崩ビーコンがない場合は、50人で1時間をかけても見つからないものですが、雪崩ビーコンがあれば10分程度で3つの埋もれたビーコンを見つけることができました。

自分を見つけてもらうため、仲間を見つけるため、雪崩ビーコンを携帯しましょう!登山道具のレンタルサービスを行っているところではビーコンのレンタルもあります。

受講生の感想と羽場崎ガイドからのメッセージ

受講生の方にはたくさん質問していただき、とても満足していただけました。

最後に:雪山登山をするなら雪崩に備えよう

雪山登山は楽しいですが、雪崩のリスクはつきまといます。
ビーコン、スコップ、プローブと、買い揃えると出費がかさみますが、自分と、仲間と、他の登山者のためにも、どうぞご準備ください!またその使い方も、やまスクの雪崩講習でぜひ学んでください!
8人までの少人数の教室なので、ガイドにどんどん質問できます!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly