Return to site

穂高連峰を北から南まで眺める!北アルプス蝶ヶ岳の魅力

やまスク運営の北村です。

今日は4月度コースの最終実技で登る北アルプスの蝶ヶ岳についてご紹介します。
 

蝶ヶ岳ってどこにあるの?

北アルプスの常念山脈の南にあります。
常念岳をご存知の方はその南にある山が蝶ヶ岳です。
上高地から涸沢や槍ヶ岳へ行ったことのある人は、徳澤園から東に登った先です。

蝶ヶ岳の魅力

そんな蝶ヶ岳の魅力は、穂高連峰を北(槍ヶ岳)から南(西穂高岳)まで眺める、蝶ヶ岳山頂からの絶景です。

槍ヶ岳から奥穂まで。

南岳から大キレット、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、西穂高岳、焼岳まで。

穂高のどっしりとした迫力、稜線の切れ落ちの厳しさも身が引き締まる思いですが、少し目を落とすと木々も味わいがあります。

蝶ヶ岳から眺める涸沢カール。涸沢から奥穂高岳への道「ザイテングラート」がくっきり。遠くから見るとなおさら急傾斜に見えます。

蝶ヶ岳から見ると「涸沢カールはあんな地形なんだ!」「南岳と北穂高岳の間の大キレット、あの切れ落ち方は見るだけでも恐ろしい…」という感慨があります。

他にも、北に目を向ければ常念岳の山塊。

南東に目をやれば富士山も見えます。

4月度コースに申し込んで、蝶ヶ岳の山頂を目指しましょう!

4月度コースの最終実技は蝶ヶ岳です。穂高連峰をまるっと眺めて楽しめるまたとないチャンスです。

景色だけでなく、小屋泊含め、北アルプスの高山での登山を学ぶ機会です。
ぜひお申込みください!

より詳しく蝶ヶ岳を知るには

ヤマレコ: 蝶ヶ岳

Yamakei Online: 蝶ヶ岳

蝶ヶ岳ヒュッテ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly